2018.07

練馬3パターンの17棟現場をフルCGで表現

VRモデルハウス

パターン別にVRモデルハウスを制作し、全物件の早期販売を可能に

仲介業者さまから「専任物件の早期販促を行い、完売させたい」というご依頼を受けて、標準仕様が3パターンの17棟のVRモデルハウスを制作しました。

各パターンの建設予定期間が空いており、同時に制作を開始できなかったため、モデルハウスとして利用する1パターン目と2パターン目のVRモデルハウスを先行して公開しました。

3パターン目は仕様が決定してから既存VRモデルハウスをアップデートすることで、クライアントさまの建設スケジュールに合わせた柔軟な体制を組み制作にあたりました。

各棟で異なる仕様の特色を最大限に活かす

2色または3色の外壁など、各物件ごとに異なる特色を持った物件であったため、それぞれの顔がよく見えるよう現地撮影から太陽の位置を計算して制作にあたりました。

勾配天井のリビング、折り上げ天井のある洋室、小上がりの和室など、こだわりの内装も忠実に再現することで、建物の良さをしっかり伝えました。

家具に関しても、リビングとダイニングの境界がわかりやすい間取りを活かし、その空間を強調できるよう配置しました。

各洋室も構造、クロス、床、建具に合わせて家具を個別にコーディネートしています。

Images

Images

VRモデルハウスの素材を活用し、集客率&成約率UP

自社ホームページ、不動産ポータルサイト、チラシといった広告に、VRモデルハウスの画面をキャプチャして掲載することで、更地の物件でも完成物件のように紹介しました。

写真を多く掲載することでお客さまの目に付き、かつVRモデルハウス自体への興味で集客率アップに貢献することができました。

また、反響のあったお客さまにはそのままウェブ上からモデルハウスを擬似的に内覧いただくことで、類似物件を案内するコストも削減されました。

内観と外観だけでなく、周辺環境や外構、家具を配置した生活イメージまで物件の売りポイントについてもお客さまに見せながら解説できることにより、お客さまの満足度向上に繋がり、成約率アップを果たせました。