サービスをご利用いただいたお客さまの声「大心建設さま」

長野県の建設会社「大心建設」さまが手がける「リノベ不動産×RENOAZ」のコラボレーションプロジェクトで、リフォーム空間の完成イメージ3パターンをそれぞれVRで体験できるオリジナルアプリケーションを制作しました。今回は、本プロジェクトにおけるVRモデルハウスの役割をインタビューさせていただきました。

VRの導入のきっかけを教えていただけないでしょうか?

リフォーム、リノベーションにおける競合が増えてきているため、お客さまに提供する価値や体験を、競合と差別化したいという想いがありました。また、お客さまと私たちとの間でイメージが合わず、クレームに繋がるといった話を聞いていたため、この課題をなんとかして解決しなければと考えていました。

そのような背景から、お客さまにとって想像しにくい図面での説明を避け、より直感的にわかりやすく提案できるようなものは何かないかと探していました。その中で、ラストマイルワークスさまのVRサービスが目に留まり、サービスの導入に至りました。

ありがとうございます。具体的にどのように利用しているのでしょうか?

弊社が提案しているリフォームプランの中から3種類のイメージパターンをCGで再現し、それらをお客さまにVRアプリケーションを通してご覧いただいています。集客時にはヘッドマウントディスプレイ(VRを体験するための機器)をかぶっていただき、空間のイメージを掴んでもらいます。

そしてより細かい話し合いの際には、ヘッドマウントディスプレイに映っている景色を他の画面とも共有して、お客さまとより具体的な内容を相談するといった様に利用しています。お客さまにも仕上がりの空間を直感的に理解いただけて良いですね。

お客さまの反応はいかがでしょうか?

とても良い反応をいただいています。フォトリアルなコンテンツなので、質感までよくわかる上、お客さまからは空間をイメージしやすくてとてもわかりやすいと好評です。また、お客さまのお子さまにも楽しんで体験してもらっています。

お子さまの反応を見て家選びをするといったお客さまもいらっしゃるので、そういったところで体験そのものがエンターテイメントであるVRコンテンツは、とても有利に働いているのではないかと思います。総じて、集客力と提案力の向上に繋がっていると思います。

成果が出ているとのことで何よりです。今後、teriorに期待することはありますか?

お客さま自身が間取りを提案することもあるため、そういったご要望に対応できるように、簡易的にでも間取りを変更できるような機能があればいいなと思います。また、家具の配置のシミュレーション、つまりバーチャル上での模様替え機能は是非欲しいですね。

いただいたご要望にお応えできるよう、引き続きサービス開発を進めていきたいと思います。どうもありがとうございました。

お客さまプロフィール「リノベ不動産×RENOAZ(大心建設さま)」

『もっと自由で多くの人にとって現実的な住宅購入の選択肢は創れないのだろうか?』そんな思いを巡らせ追求していくなかで、中古住宅を活用したらどうだろう?という考えに辿り着いたリノベ不動産。『カタチの決まりきった住宅ばかりではつまらない。今の不動産業界を変えたい!』という想いから外構・内装リフォーム業を行っていたRENOAZ。そんな2社が手を組み長野県に「中古物件」×「リノベーション」という新しい家の買い方をご提案。

関連記事